お役立ち機能のご紹介(テロップ&エフェクト篇)
2022/09/05 お役立ち機能のご紹介(テロップ&エフェクト篇)

直感的なUIと簡単な操作で誰でも動画を作成できるtolliteですが、いくつかの機能を使いこなすことで、さらに便利に、また見た目のよい動画を作成することが可能です。今回はよりtolliteを使いこなすためのちょっとしたコツをお届けします。

すこしの調整でこんなに見栄えが変わる!比較実験!

tolliteの機能を使いこなすことで、どのように動画の品質が変わるのかをご紹介するため、シンプルに作成した動画と、機能を使って調整した動画を比較したいと思います。

■調整した動画

■調整しなかった動画

二つの動画を見比べていかがでしょう?
まったく品質が違いますね!調整済みの動画は違和感なく視聴できますが、未調整の動画では色々な箇所に違和感があったのではないでしょうか?

どんな調整をしたのか?

細かい操作が必要なのでは?と心配になった方も大丈夫です!調整したのはたったの3点!操作手順も簡単です!

  1. 画面切り替えエフェクトを使用する
  2. テロップの揃え位置を調整する
  3. 長いテロップは分割表示する

画面切り替えエフェクトを使用する

画面の切り替わりにエフェクトを入れると、動画にリズムが生まれ、よりリッチな仕上がりになります。すべてのカットにエフェクトを入れる必要はありませんが、シーンの切り替わりを強調したいポイントなどで効果的に使ってみましょう。
エフェクトの入れ方は「画面切り替え」の画面から選択するだけ!選択した後は「プレビュー/注文確認」の画面でプレビュー動画を作成することで、エフェクトを確認できます!

横レイアウトの参考画像

エフェクトは種類をえらぶだけ

縦レイアウトの参考画像

エフェクトの見栄えは「プレビュー」画面で確認!

テロップの揃え位置を調整する

テロップのレイアウトはPowerPointの操作のように、簡単に調整することが可能です。
内容にあった位置に調整しましょう。また、位置だけでなく、文字の大きさやフォントの種類も変更することができます。

横レイアウトの参考画像

テロップを入力したら「詳細編集」をクリック!

縦レイアウトの参考画像

誰でもカンタンにフォントの調整が可能です

長いテロップは分割表示する

長めのテロップを入力するときは、テロップの分割機能が便利です。一枚のテロップに文字を詰め込み過ぎると読みづらくなり、文字もサイズが小さくなってしまいます。分割機能を使うことで、スムーズに読むことができるようになります。

横レイアウトの参考画像
縦レイアウトの参考画像

1枚目を入力したら矢印ボタンをクリックし、2枚目を入力。3枚までテロップ入力できます

チュートリアルを参照する

機能を使いこなすことで、より品質の高い動画を作ることができることをご理解頂けたかと思います。操作を頑張って覚えるのは大変......と思われるかもしれませんが、チュートリアルをご用意していますのでご安心ください!
編集画面の右上にある「?」ボタンを押せば、すぐにチュートリアルが開きます。ここを確認すればいままで気が付かなかった機能が見つかるかもしれません。
また、動画チュートリアルはこのサイト内にもまとめてありますので、是非あわせてご参照ください。

動画チュートリアルを見る

まとめ

tolliteでは動画初心者の方でも、動画の品質を向上させるための編集機能を充実させています!編集ソフトでは複雑な工程が必要ですが、tolliteの機能はどれもワンタッチで簡単に操作できるので普段使いの事務処理ソフトのような感覚でお使いいただけます。
編集画面の操作は無料でもお試しいただけます。ぜひ一度、お手元の動画や静止画で、どんな動画が作れるか試してみませんか?気になる方は早速、無料ユーザー登録をどうぞ!

さぁ、今すぐtolliteで動画を
作成してみましょう。