tolliteアプリガイド

「自分でアプリを使用するのは難しそう・・・」というお客さまに向けて、tolliteアプリの使い方をわかりやすくご紹介するガイドラインです。

tolliteアプリの始め方

1 iPhone/iPadを使用して、App Storeよりtolliteアプリをダウンロードします。

2 [アカウントを作成する] ボタンをタップし、 IDとパスワードを入力してログインします。

※IDとパスワードは、ユーザー登録のご案内メールでお知らせしています。

テンプレートの選択

ログインするとテンプレートの選択画面が表示されます。テンプレートとは動画のストーリーとなる絵コンテと、動画撮影をするためのノウハウが記載されたtollite独自のサービスです。お客さまが作りたい動画の種類や内容に近いものをお選びください。そのテンプレートのナビゲーションに従って動画素材を撮影することで、効果的な動画を作ることができます。

→ テンプレート一覧

撮影前の準備

選択したテンプレートの内容を確認し、撮影の準備をします。シナリオ画面には、カット数や撮影に必要なもののリストが載っています。被写体の準備、撮影できる時間帯、撮影アングルなど、具体的な撮影を想像して準備をしておきましょう。

撮影前の注意

・充電不足で撮影が中断しないよう、充電は確実にしておきましょう。
・手ブレ、ピンボケ、白トビ、暗すぎなどの撮影上の注意点やテクニックなどは、撮影ガイドなどを参考にしてください。
・作業を一時中断する場合は、そのままアプリを終了してかまいません。撮影されたデータは自動保存されています。

カット撮影

1 テンプレートの詳細画面で [カメラアイコン] ボタンをタップします。これから撮影するカットの目的やポイントが表示されますので、それを参考に撮影をします。また、撮影時のフラッシュなどの操作や設定、ヒントなどについては撮影ガイドをご参照ください。

2 [●] ボタンをタップし撮影します。[■] ボタンをタップすると撮影が終了します。撮り直したい場合は、[再撮影] ボタンをタップします。その場合もすでに撮影した動画は自動保存されており、取り直した動画は新しいデータとして保存されます。

3 テンプレートのナビゲーションに沿って必要な撮影がすべて完了したら必要に応じて動画の調整(トリミング、非表示)を行います。

・トリミング

撮影したカットの前後の不要部分を削除します。開始位置スライダーをカットのスタート位置に移動します。同様に終了位置スライダーをカットの終了位置に移動します。[OK] ボタンをタップしトリミングを実行すると、開始位置より前の部分および終了位置以降の部分の動画データが削除されます。

・非表示

使用しないカットを非表示にします。 非表示にするカットをタップして選択後、[OK] ボタンをタップし非表示を実行します。

4 すべての動画素材の調整が完了したら、全体を確認します。

アップロード

画面右下の [アップロード] ボタンをタップすると、 完成したデータがtolliteウェブへアップロードされます。アップロードしたデータはtolliteウェブでプロジェクトとして登録されます。アップロードの完了は、注文確定ではありません。この後、tolliteウェブ上でプロジェクトの設定(テロップ、追加素材、 BGMの設定およびtollite編集者への編集指示)をお客さま自身で行っていただきます。プロジェクトの設定作業完了後にtolliteウェブからご注文をいただいた時点で、注文確定となり見積書を発行いたします。


アップロード時の注意

・動画データは容量が大きいので、Wi-Fi環境下でのアップロードをお勧めします。アップロードが途中で止まってしまう場合は、通信環境の良いところ(安定したところ)で再開してください。
・アップロード可能なデータ容量は上限1GBです。アップロードできない場合は動画データサイズをご確認の上、データサイズを調整してください。
・アップロード中に[中止]ボタンをタップするとアップロードをキャンセルできます。
・アップロード完了したデータは、tolliteウェブで削除することもできます。